農業生産法人 さかうえ > さかうえの理念 > CSR(社会貢献)

CSR(社会貢献)

さかうえでは地域に根ざした農業・農業界の活性化を目指したさまざまな取組をおこなっております。その一例をご紹介いたします。

耕作放棄地の有効利用に取り組む

鹿児島県は農業が盛んな地域ですが、農家の高齢化と後継者不足が問題となっています。働き手がいないことで耕作放棄地が増え、畑や地域の景観が荒れていきます。

そのため、さかうえでは耕作放棄地を持った農家からの依頼を受け、場所・形にこだわることなく可能な限り、その土地を農地として借り受けることをしています。耕作放棄地を有効利用することで、地域の環境を守る役割を果たしたいと考えているからです。

使われなくなった荒れた土地でもまた畑に生まれ変わります。

地域に働く場所を

写真

志布志近郊に育った多くの若者・働き盛りの人たちが「志布志に仕事がないから」という理由で市外・県外に出ていくことが多い現状です。
"さかうえ"では農業の未経験者であっても本人のやる気次第で積極的に採用をしています。また、着実な経営を行うことで、地域の人に多様な仕事内容・雇用形態を提供していきたいと考えていきます。

地域の子どもたちの社会体験を

働くこと、農業のこと、そして環境や食糧問題などの社会に存在する課題について知ってほしいという思いから、高校生などの社会見学の受け入れや各種学校での講演の依頼に応えています。
また他経営者と協力して、地域の子どもたちだけでなくすべての人々が農業を実体験できる場を作り、土のこと、自然のこと、野菜のこと、労働の意味を感じてもらっています。

農業界に貢献する

大型農業設備の導入やサイロールの商品化など他社に先んじてさまざまな新しい取り組みにチャレンジ。農業界に新たな手法や事例をつくっています。

その中で得た多くの経験や知識が農業界全体にとって生かされることを願い、自治体の農政担当者、農業経営者、農業関連メーカーなど、幅広い農業関係者の見学を受け入れています。
また、県内だけでなく多くの場所で講演の実施や研究会への参加などをご依頼に応じて行っています。

このページのトップへ